031: 音量を調節できない

音量をコントロールする方法が、わかりません。

 
尺八の音量コントロールについて、今回から数回に分けてお話します。
 
今回を「基礎編」、次回以降の何回かを「実践編」とします。
基礎といっても易しいという意味ではなく、実践する上で理解しておくべき必須事項、という意味なので、
実践編の前に、きちんと理解しておいてください。

 
さて、まず、
「尺八の音量は、強く吹くと大きくなり、弱く吹くと小さくなる。」
これって、合ってると思います?
 
答えは、半分正解で、半分間違い。

 
一言に息の「強弱」といっても、息の「量(多い・少ない)」と、息の「速度(速い・遅い)」という2つの要素に分解できます。
 
水流で例えるなら、多・速は怒とうの激流、多・遅は大河のたゆたう流れ、少・速は突然のテッポウ水、少・遅は小魚が泳ぐ小川です。
つまり、息の「強弱」は、強い、弱いだけではなく、実に4種類に細分化できるのです。

 
音量を決定するのは、息の「量」の多・少です。「速度」の速・遅は主に、音程の高低に影響を与えます。
(補足:尺八は管内の空気柱の振動により音が出ますが、振動のゆれの大きさ(振幅)を決定するのは息の量であり、息の速さは振動の周期(波長)を決定します)
 
(補足の補足:振幅と波長を地震で例えると、グラグラゆれるゆれの距離的な大きさを表すのが振幅、グーラーグーラーゆれるかグラグラグラグラゆれるかの、時間的な間隔を表すのが波長)
 
 
音量を決定するのは息の「量」ですから、より少ない量の息で吹けば、音量は小さくなります。このとき、息の「速度」は音量決定に対して無関係なので、同じ速度を維持していることが求められます。
 
 
これが、全てです。
 
 
息の「量」を増やせば音は大きくなるし、減らせば音は小さくなります。
このとき、息の「速度」を変えなければ、音程は上下しません。
 
さて、このように簡単に言ってしまいましたが、たったこれだけのことをやるのに、尺八吹きはみんなああでもないこうでもないと、日夜苦労を重ねているわけです。
 
 
以上のことをふまえた上で、具体的な尺八吹奏上の課題・問題点を、考えていきます。
 
 
Copyright(c) 2004 OFFICE RINDO. All Rights Reserved.

posted at 2004年09月20日 05:39 | Comment(0) | 尺八
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: