032: 弱く吹くと音程が下がる

弱く吹こうとすると、音程が下がってしまいます。(東京都・Yさん・32才男性)

音量コントロールの実践編第一回、悩みランキングの常に上位に位置する「音程の維持」についてです。
 
尚、音量コントロールの基礎編をご覧になっていない方は、こちらから、基本的な構造を理解しておいてください。
 
 
さて、賢明な皆さんのことですから、基礎編の内容を読めばだいたいおわかりでしょう。
 
そう、ポイントは、息の「速度」です。
 
「弱く」吹けば音量は小さくなりますが、「弱く」とは、息の量を少なくすることにより実現されるべきであり、このとき振動を波長を決定する「息の速度」を遅くしてしまうと、自然と音程が下がってしまいます。
 
ポイントは、息の「速度」を保ちつつ、息の「量」を減らすことにより、音量を絞ることです。
 
音程が下がる、という人は、息を弱めるのと同時に、息の速度が遅くなっていることを実感してください。
息の量だけを減らして、息の速度を保ってください。

 
と、以上これが正攻法。
 
これができるように日々頑張ってほしいのですが、これは至難の業です。
そこで、とっておきの小手先テクニックを2つほどご紹介します。
 

1.息の芯を細くする
 
唄口に当てる息には、中心に芯があります。
中心に硬い芯があり、その周囲をぼやけた息がくるんでいます。
この芯は、強く吹くと太く長くなり、弱く吹くと細く短くなります。
 
ここで、唇の緊張をある程度解き、鋭さのない、ぼやーっとした息を出すと、この芯が細くなります。このとき重要なのは、息の量、速度はそのままです。
 
つまり、同じ強さで、ぼやーっとした息で吹くのです。
(音色、音質もこれに伴ってぼやーっという感じのものになります)
 
唄口に当たった芯の部分のみが音となるので、結果として音量は小さくなります。

 
2.アゴ当たりの横を浮かせる
 
メリ・カリの原理を応用します。
尺八は、唄口をふさぐ面積により、音程が上下します。アゴを引くとふさぐ面積が多くなり音程は下がり、アゴを突き出すとふさぐ面積が少なくなるので、音程は上がります。これがメリ・カリの原理です。
 
音程が下がるのに伴って面積を少なくしてやれば、両者が相殺され音程は変わらないことになります。このとき、普通にアゴを突き出して吹いてしまうと1.の息の芯の命中率が下がり、あまりよろしくありません。
 
そこで、アゴ当たりの横を浮かせます。結果として唄口をふさぐ面積が少なくなり、音程は上がります。これに、普通に音量を小さくして、音程が下がるのをぶつけてやればいいのです。
 
 
Copyright(c) 2004 OFFICE RINDO. All Rights Reserved.

posted at 2004年09月21日 05:36 | Comment(0) | 尺八
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: