036: 呼吸のトレーニングについて

呼吸に関するトレーニングは、どのようなことをすればよいですか。

呼吸に関するトレーニングについては、008:長く息がのばせない で取り上げましたが、今回更に別の方向からご説明します。

誤解を恐れず言い切ってしまえば、呼吸とは、胸式呼吸と腹式呼吸の二通りがあり、
楽器演奏上好都合なのが腹式呼吸なので、尺八演奏においても腹式呼吸を用いる。以上。ああ怖かった。

呼吸に関する表現は、厳密性を追及すると、本当にきりがありません。
実は筆者も現在模索中なのでありまして、それなりの結論らしきものが出たら、ご報告するかもしれません。

ここでは、ぶっちゃけ、早い話がどうすりゃいいのさ、という合理主義のあなたのために、実際の日々の稽古の一例をご紹介します。


前述のように、お腹で呼吸を行うことが大前提です。息を吸うとき、口から後ろ上に向かって吸うのではなく、下に吸って下さい。(このとき猫背にならないように)

下に吸うと、お腹がぷくっとふくれます。これが大事です。お腹の筋肉を鍛えましょう。

(ここで、横隔膜うんぬんという言葉をちらっとどこかで聞いたことがあるあなた、忘れてください。横隔膜は自分の意思で動かせない「不随意筋」なので、鍛えることができません。知識としてあっても構いませんが、実際の演奏には何の役にも立ちません)

お腹の筋肉を鍛えるからといって、毎日腹筋100回やったところで、尺八演奏上、効果はあまり期待できません。
お腹の筋肉というよりは、呼吸のための筋肉です。この呼吸のための筋肉、ここでは便宜的に「内臓呼吸筋」という造語で呼びますが、これが体のいたるところに点在しており、しかもそれらは連動しています。この呼吸システム作動のトリガーを引くのが、お腹の筋肉なのです。

内臓呼吸筋が未発達の状態だと、結果として唇にも過大な負担をかけることとなり、悪循環に陥ります。

内臓呼吸筋活性化のトレーニングの一例をご紹介しましょう。

筆者が日常やっているのは、まず乙のレを6秒間延ばします。(メトロノームを使って、一拍=60で6カウントです)
延ばしおわったら息継ぎをして、また6秒間延ばします。
しばらく繰り返していると、8秒延ばせそうな気がしてくるので、そうしたら実際に8秒伸ばしてみます。(呼吸筋が活性化されてきた効果です)
その次は10秒、12秒と少しずつ延ばしていき、最終的には30秒くらいを目標とします。
これを約15分ほど続けます。

長く息を延ばすことが目的ではなく、内臓呼吸筋をいじめるのが目的です。
お腹の筋肉がしっかり動いていることを常に感じるように努力しながら、このトレーニングを日常的に行ってみてください。

(慣れてくると、結構やみつきになる面白さがでてくる訓練です)


Copyright(c) 2005 OFFICE RINDO. All Rights Reserved.


posted at 2005年01月24日 22:02 | Comment(0) | 尺八
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント: